YAWATAMINAMI_AH

手術症例|八幡みなみ動物病院|市川市大和田の動物病院・ペットホテル

〒272-0025 千葉県市川市大和田1-16-16
047-323-6057
ご予約も承ります。

手術症例

手術症例|八幡みなみ動物病院|市川市大和田の動物病院・ペットホテル

手術症例

膝蓋骨内方脱臼

膝蓋骨内方脱臼

膝のお皿が本来おさまっている溝から脱臼してしまう病気です。脱臼の程度や動物の症状により、内科的管理と外科手術の判断をすることが重要です。手術を行う場合、症例に合わせて複数の術式を実施します。
症例では滑車溝造溝術と関節包縫縮、内側支帯切離による整復を行いました。

尿道再建

尿道再建

尿道が狭くなったり、損傷をした場合に、尿の通り道を新しく作りなおす手術になります。
動物では尿道閉塞による、会陰尿道造瘻術がよく行われます。
症例は尿道と会陰部の外傷が重度であったため、尿道を乳頭部に開口する、骨盤前尿道造瘻術という手術を行っております。

消化管腫瘍

消化管腫瘍

胃や腸に発生する腫瘍です。嘔吐や下痢、食欲不振などが症状として見られることが多いです。外科切除だけではなく、抗がん剤治療などが行われることもあります。
症例では大きくなった腫瘍により腸が閉塞を起こしていたため、緊急的に腸管切除術を行っております。

脾臓腫瘍

脾臓腫瘍

犬では脾臓の腫瘍は比較的よくみられます。大きくなっても症状を認めず、健康診断などで偶然発見される場合もあります。
脾臓の腫瘍は悪性でなくてもお腹の中で出血を起こしやすいため、状況によって外科手術による脾臓の全摘出が選択されます。
症例は猫の肥満細胞腫という腫瘍で、脾臓の全摘出後には化学療法を実施しております。

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症

高齢の未避妊の動物に多く、細菌感染により子宮内部に膿が溜まってしまう病気です。
そのままにしておくと、多臓器不全や敗血症、子宮破裂による腹膜炎を引き起こして命に関わることもあります。緊急性の高い病気の一つです。